2006年4月27日 (木)

LEDスモールランプ

 たぶん、純正外の初カスタムになると思いますが、LEDスモールランプに変更しました。先日東京に行ったときに和光のスーパーオートバックスで購入したもので、2個で\2,600くらいだったと思います。
_
バッテリーへの負荷を考えると今後いろんなシーンでLED化を検討中ですので、実施次第紹介しようと思います。手始めは市販品にて。
_
でも、これだけでもかなり雰囲気は変わりますよ。
R0010843

| | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

コーティングを掛ける

いつもの洗車屋さんにやってきました。
キーパーコーティングというものを3ヶ月に1回くらいこれまでもやってきました。もちろん、S204では初めてです。中にはダイヤモンドキーパーとか、アクアキーパーとか新車時にやってもらうと最適なものもあるらしいですが、4万円台と目玉飛び出ます(^_^;)
 私は特別なクルマだとはあまり思っていないので、これまでと同じスタイルでやってもらおうと思います。
_
 んで、珍しいクルマがやってきた感があって、店員さんも心なしうれしそうでした。こういうところではいろんなクルマを見る機会があって、良いですよね。
_
R0010868

| | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

子供には人気だが・・・

 通勤時間が決まっているわけではありませんが、先日ちょっと早めに出社したときに会社の近くの小学校の通勤時間帯とぶつかったことがありました。
 30km/hくらいでゆっくり走っていたのですが、やはりちょっとエグゾーストサウンドが違うようで、小学生の長い列から熱い視線を浴びてしまいました。100人くらい、100mくらいの行列の全員が通過するタイミングで振り返る光景は圧巻でした。(笑)
 その後はその時間帯に走っていませんが、またチャレンジしてみようと思います。
 別の日に、ちょうど横断歩道で信号に引っ掛かった際に、渡っていた子供が振り返り様に「おぉぉぉーーーー!」と叫んだ光景も異様でした。そのくらいこのクルマには引きつける何かがあるのか?ただ外観はほぼバッチが違うだけで普通のインプレッサのはずだと思うのですが・・・頭文字Dのお陰か?最近のマセガキはクルマの名前に精通しているのかもしれません。
 とはいえ、私も小学生の頃を思い出すと、よくクルマの名前は知っていたなぁと思います。あのころのマセガキだったのかもね。
 何にしろ、ちょっと恥ずかしい!
 これからもいろいろ驚かせてくれるか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

お世話になった営業さんの紹介です!

 さて、今回はS204購入に際してお世話になった営業さんとメカニックさんの紹介です。
 右が営業の榊原氏、左がメカニックの辻氏。
 お付き合いが始まって足かけ3年。榊原氏は私がS204を購入しようとは夢にも思わなかったのではないでしょうか?私も思わなかったから。
 このマシン、世評にもあるように値引きが渋かったのですが、様々な特典を駆使して勉強してくれました。一生懸命やってくれることは折り紙付きですから、もし営業所の近くにお寄りの際は一声掛けてあげてください。
名古屋スバル自動車(株)鳴海平手営業所 052-877-2341 営業 榊原輝昭R0010825

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

ブレンボ焼ける

 早々に慣らしを終わらせたいと思って、東京まで走ってきました。帰り時点ですでに慣らしは終了。秩父→河口湖→富士ヶ嶺経由で走ってきました。秩父往還にて、走り方のこつがやっとわかってきました。サスは結構柔らかくて、これでもふわふわに感じるのは以前のクルマがガチガチだったからだと思いますが、走り方から変えないとスムーズな走り方が出来ません。ピックアップレスポンスもあまり良くないので、道が判っていればコーナー進入時にはすでにアクセルを開けていなければ、コーナー出口で加速がもたつく感じです。クルマのロールを使ってうまくコントロールしてやる必要があります。リズムが大切だと感じました。
 富士ヶ嶺ではちょっと攻めてみましたが、かなりの加速と爆音凄いです。加速が凄いのでブレーキを多用することになりますが、峠を下りる頃には多少フェード気味になって、1km程度下ったときに焼けるにおいがしてきました。やはりブレンボとはいえ焼けるときは焼けるし、フェードするときはフェードするもんですね。私がまだ慣れていないので少しブレーキを使いすぎた感はありますが、もう少し加速感や走り方のバランスに慣れなくてはダメですね。
 翌日、リヤのブレーキが引きずり鳴きを起こしました。昨日の影響でしょうか?ちょっと恥ずかしいです。「きーーーーーーーーーーーーーー・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月31日 (金)

フィーリング(その2)

 (その1)ではいきなり走り出しのところから感想を述べましたが、市街地をとろとろと走っているときに一通り内装関係のチェックは済ませました。

 まず、メータですが、最初はやけに照明が暗いなぁと思っていましたが、レオスタットが効いていました。このレオスタット、ヘッドライトが点いていないときも作動します。もちろん、点いているときも減光レベルで作動するのですが、独立して調整できないようで、昼は明るめ夜は暗めの様な設定は出来ないみたいですね。甲乙付けがたいですけど。タコメータのシフトアップインジケータの設定方法は意外と簡単ですが、止まっていないと出来ません。当たり前か?まずは3,500rpmに設定しました。

 問題のシートについてですが、私は細身なので、このくらいがちょうど良いです。肩のホールドも以前のブリッドのバケットシートと同じような位置なので違和感がありません。後はドライカーボンが私の背中形状に合わせてなじんでくれるのを待ちましょう。

 さっそくですが、ソフトフィールブラック塗装のセンタークラスタ、ドアトリムに3箇所のキズ発見!ちょっと早すぎです。ディーラーの方は気を遣って欲しいなぁ!まぁあまり気にしないんですが・・・(←しっかり気にしてるか?)

 ひどいのはグローブボックスとセンターコンソールに樹脂成型時に出来るウェルドラインがバッチリ付いていること。シボを掛けているのに全然隠れていません。ちょっと下手すぎますね。プレミアムな気分が寂しい気持ちに変わってしまいます。

 良い悪いはいろいろありますね。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

フィーリング(その1)

 代車状態だというのに、飯田まで往復230km走行してきました。たいした距離じゃないけど、新車だけに気を遣ったことは言うまでもありません。ところが、途中で雨に降られるわ、舗装されていない道が出てくるわ、結構大変でした。まぁ、何が出てきてもあまり気にしないのですが・・・
 ルートとしては、鳴海のディーラーから一旦日進方面に向かい、猿投グリーンロード中山ICを出て北上。そこから東に進路を変え、稲武経由国道153号で飯田方面へ。飯田直前で園原ICから名古屋方面→伊勢湾岸道から豊田で降りて下道で鳴海へ。12:30→17:30の行程230kmです。
 まず、すぐに気付くことは、タイヤが太いことです。結構ステアリングを取られます。トラックの多いこの地方のわだち深い道ではちょっと操安に不安があります。
 エンジンはまだ4,000rpmくらいまでしか回せないので、フィーリングいまいちですが、それでも十分なトルクは感じます。現状GC8に対して1速以上、上のシフト感覚です。
 高速ワインディングでは、DCCDのAUTOモードのすごさに驚きました。多少オーバースピードでコーナーに侵入しても、アクセルを踏み続ける限りぐんぐんイン側に向かっていってくれます。安心感はありますが、逆にどこまでタイヤがもつのか?タイヤがグリップを失ったときはどうなるのか?不安になります。やはり私的には若干アンダー気味で後はステアリングでコントロール出来るセッティングの方が慣れているので良いと感じます。このオーバーステア感は十分慣れと経験が必要と思いました。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

GC8とGDB

 いよいよ、2台がご対面!
r0010765
 GDBには元々高い関心がありましたが、GDB初代、2代目ともフロントルックスがあまり気に入らなかったのです。しかし、このF型3代目は私のGC8とも非常に似通っており、好感が持てます。
 また、この特別仕様車はエンジン出力が320PS,44.0kg・mとプレミアムなクルマなのです。
 現時点での変更点は、プレミアムのためあまり改造が出来ないので、純正のフォグランプとロックナットのみです。
 こう見てみると、両車が非常によく似ていることがわかります。これなら従来と違和感なく乗れますね。
 さぁ、ここから乗り出して行きますよ!今日はGC8の最後のオイル交換をお願いしたのですが、その間の代車がこのGDBなのだ。うーーーん、プレミアムな感覚。正式な納車は4/1か2を予定しているので、あくまでも今日は代車・・・早く乗り出して、慣らしを終わらせたいという狙いです。インプレッションは・・・(続く)
納車時ODO:11km
本日走り終わりのODO:252km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初対面

 今日、初対面となったS204。
 まずはシリアルナンバーを確認。406/600である。S204に対して406は語呂が良い。r0010771
 早くお金を支払って乗り出したいところだったが、担当営業榊原氏がたまたま接客商談中だったため、1時間ほど待った。しかし、おかげで契約できたようで良かったと思う。
 今回はディーラーでローンを組んだので、その残金の支払いである。
 残金をお支払いし、まずは旧型との比較を実施した。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

契約してしまいました

 とうとう契約しちゃったよ。
 担当営業 榊原氏のうれしそうな顔がとても印象的。いろいろ無理を言ったけど、ちゃんと付いて来てくれた。そのご褒美です。
 ホントはあまり買うつもりはなかったけど、まぁ良いでしょう。今のところ、ほかにお金の使い道もないし・・・。
 待ってるよ。S204
 おっと、その前に10年連れ添ったGC8を処分しなくては。これがちょっと気が重いけど、良い嫁ぎ先が見つかればいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やっぱり落ちたか・・・!