« GC8とGDB | トップページ | フィーリング(その2) »

2006年3月28日 (火)

フィーリング(その1)

 代車状態だというのに、飯田まで往復230km走行してきました。たいした距離じゃないけど、新車だけに気を遣ったことは言うまでもありません。ところが、途中で雨に降られるわ、舗装されていない道が出てくるわ、結構大変でした。まぁ、何が出てきてもあまり気にしないのですが・・・
 ルートとしては、鳴海のディーラーから一旦日進方面に向かい、猿投グリーンロード中山ICを出て北上。そこから東に進路を変え、稲武経由国道153号で飯田方面へ。飯田直前で園原ICから名古屋方面→伊勢湾岸道から豊田で降りて下道で鳴海へ。12:30→17:30の行程230kmです。
 まず、すぐに気付くことは、タイヤが太いことです。結構ステアリングを取られます。トラックの多いこの地方のわだち深い道ではちょっと操安に不安があります。
 エンジンはまだ4,000rpmくらいまでしか回せないので、フィーリングいまいちですが、それでも十分なトルクは感じます。現状GC8に対して1速以上、上のシフト感覚です。
 高速ワインディングでは、DCCDのAUTOモードのすごさに驚きました。多少オーバースピードでコーナーに侵入しても、アクセルを踏み続ける限りぐんぐんイン側に向かっていってくれます。安心感はありますが、逆にどこまでタイヤがもつのか?タイヤがグリップを失ったときはどうなるのか?不安になります。やはり私的には若干アンダー気味で後はステアリングでコントロール出来るセッティングの方が慣れているので良いと感じます。このオーバーステア感は十分慣れと経験が必要と思いました。(続く)

|

« GC8とGDB | トップページ | フィーリング(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79391/9292482

この記事へのトラックバック一覧です: フィーリング(その1):

« GC8とGDB | トップページ | フィーリング(その2) »