« フィーリング(その2) | トップページ | お世話になった営業さんの紹介です! »

2006年4月 4日 (火)

ブレンボ焼ける

 早々に慣らしを終わらせたいと思って、東京まで走ってきました。帰り時点ですでに慣らしは終了。秩父→河口湖→富士ヶ嶺経由で走ってきました。秩父往還にて、走り方のこつがやっとわかってきました。サスは結構柔らかくて、これでもふわふわに感じるのは以前のクルマがガチガチだったからだと思いますが、走り方から変えないとスムーズな走り方が出来ません。ピックアップレスポンスもあまり良くないので、道が判っていればコーナー進入時にはすでにアクセルを開けていなければ、コーナー出口で加速がもたつく感じです。クルマのロールを使ってうまくコントロールしてやる必要があります。リズムが大切だと感じました。
 富士ヶ嶺ではちょっと攻めてみましたが、かなりの加速と爆音凄いです。加速が凄いのでブレーキを多用することになりますが、峠を下りる頃には多少フェード気味になって、1km程度下ったときに焼けるにおいがしてきました。やはりブレンボとはいえ焼けるときは焼けるし、フェードするときはフェードするもんですね。私がまだ慣れていないので少しブレーキを使いすぎた感はありますが、もう少し加速感や走り方のバランスに慣れなくてはダメですね。
 翌日、リヤのブレーキが引きずり鳴きを起こしました。昨日の影響でしょうか?ちょっと恥ずかしいです。「きーーーーーーーーーーーーーー・・・」

|

« フィーリング(その2) | トップページ | お世話になった営業さんの紹介です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79391/9424999

この記事へのトラックバック一覧です: ブレンボ焼ける:

« フィーリング(その2) | トップページ | お世話になった営業さんの紹介です! »